「建築・土木技術職」の仕事多数掲載!おすすめ転職サイト一覧!

アベノミクス、東京オリンピックなどで今後業界が急成長する注目の建築・土木技術職。資格が無くてもチャレンジできる仕事も多数存在!転職エージェントをうまく活用して、転職を成功させましょう。

評価満足度で並び替える:

<調査概要詳細>
・調査目的 転職サイト、転職エージェントの利用経験者について、転職の体験談を調査
・調査対象 当サイトにご訪問頂いたユーザー
・調査方法 当サイトに訪れたユーザーに対して投稿フォームを設置し回答モニターを募集
・調査主体者 転職トレンド運営事務局 担当者:山﨑護
・調査実施期間 2016/6/28~現在
・調査母数 533名
・有効回答 498名

調査結果

転職サイト別記事カテゴリ

転職サイトの選び方!ここがポイント!

土木業界とは、道路工事などの公共事業を行う業界を指します。橋や高速道路、ダム、トンネルなどの建設に携わるものです。
主に土地を整備するところから始めます。建築業界は地上の建物を建設する業務です。

これまでは土木建築というと、大変で危険な仕事というイメージがありました。しかし、現在では環境を意識した業務内容の見直しと技術の向上によって、労働環境も改善されてきています。

土木業界の強みとして、景気の影響をあまり受けにくい点があげられます。インフラ整備や道路工事などの仕事は基本的に公官庁から民間企業が受注して行います。公共事業がメインとなるため、常に一定の仕事がある点は強みといえます。

ますます需要が高まる建築・土木技術職

さらに近年はアベノミクス、東日本大震災の復興事業や、2020年の東京オリンピックへ向けての需要など、土木業界への仕事は盛りだくさんです。
資格があれば、即戦力として転職が歓迎されるでしょう。また、未経験で建築・土木業界へ転職する場合でも、入社後に仕事をしながら実務経験を積み、資格を取得することによって、キャリアアップを目指すやる気や向上心があることを企業へアピールしましょう!

建築・土木業界に強い転職エージェントの活用も、転職を成功させる上で大切なポイントです!

平均年収アップ額 対応地域 公開求人数 公開求人数 リンク
転職エージェント・サイト タイプ別比較特集

転職経験者1,000人を超えるクチコミをもとに、各タイプ別にオススメの転職エージェント・サイトをまとめました。
転職エージェントごとに職種、年収、年齢層、対応エリアなど得意不得意の分野は様々!
『登録してみたけど、希望条件の案件を全然紹介してくれない・・・』そんな時間の無駄にならないように、希望条件の分野に強い転職エージェントをここから絞込ができます!

年齢別ランキング

20代、40代、60代... 各年代に合った案件保有率は転職エージェントによって様々です! あなたの年代を選択してください。
その年代に特化した転職エージェントをランキングでご紹介します。

業種別ランキング

IT・エンジニア、営業、事務、商社サービ業、専門職... など。転職エージェントによって業界の得意・不得意があります!
転職希望の職種を選択してください
その職種に特化した転職エージェントをランキングでご紹介します。

■エンジニア・クリエイティブ系
■営業、事務、企画、専門職、その他
地域別ランキング

同じ転職エージェントでも都道府県によって保有案件数にかなりの違いがあります!
転職希望の地域を選択してください。
その地域で最も力のある転職エージェントをランキングでご紹介します。

年収別ランキング

年収額にこだわる方はこちら。転職で年収が上がる人が続出中・・・!
転職後の希望年収額を選択してください。
その希望年収額の案件が多数の転職エージェントをランキングでご紹介します。

口コミ評価別ランキング

サポートの質、求人量、コンサルタントの対応など総合的に満足度の高いところはどこ...? 重視したいクチコミ条件を選択してください。
数多くの転職経験者の口コミを元にランキングでご紹介します。

▼まずは下のバナーから絞り込みたい条件を選択して下さい▼

業界特化で選ぶ
年収で選ぶ
年齢別で選ぶ
都道府県別で選ぶ
口コミで選ぶ

Step.1準備
転職の成功は入念な情報収集!失敗しないために抑えるべき情報をまとめました。
転職の流れ
はじめての転職で知っておきたい活動の流れ
情報収集
転職サイト・エージェントはこう使う!
今こそ考えるべき給与・転職のリアル
自己分析
資格・スキルアップで目指す転職方法
Step.2応募
ライバルと差をつける書類や面接のコツを詳しくまとめました。
履歴書
10分で攻略する履歴書の書き方
職務経歴書
10分で攻略する!職務経歴書書き方マニュアル
面接
転職が成功する面接の準備・マナー・よく聞かれる質問
Step.3入社まで
内定から今の勤め先の円満退社方法まで、時系列で解説。
内定
複数内定から就職先を選ぶ基準とは
退職
円満退職を実現!その「方法と準備」

ページトップへ