編年体式の職務経歴書はどんな業種が向いている?

・ひとつの企業に長年勤めていた人

編年体式はオーソドックスな方式ですので、ひとつの企業に長く勤めていたという人に最適な書き方です。
時系列に沿ってそのときの業務内容をまとめて書くので、習熟度がひと目で簡単に分かります。「そういえば、こんなこともあったな」と思い出すことがあるかもしれませんね。

・社会人としての経験が浅い人

社会人経験が浅く、キャリアがまだ少ない人も、編年体式で書く方が向いているでしょう。社会人経験が浅い人でも、異動や転勤が多い仕事の人はキャリア式の職務経歴書の方がまとめやすいかもしれません。
職務経歴書は基本的に自由に書いて良いものですので、自分が書きやすいと思った方で作成するようにして下さい。

編年体式の職務経歴書、書く際のポイントは?

・年月の古いものから順番に書いていく

編年体式で職務経歴書を書く場合は、学校を卒業してから入社した企業、業務内容、実績など順を追って記入していきます。
社内で表彰経験がある人は、立派なアピール材料です。いつ、どういった業績で、どのような努力をして表彰をされたのか、詳しく掘り下げて説明するようにしましょう。

・フォントやレイアウトでメリハリを

編年体式の職務経歴書は書きやすいことがメリットですが、淡々と時系列に記入していると、メリハリのない退屈な文面になりがちです。
見出しとなる部分は太字にする、業績アップした年は下線を引いて強調するなど、フォントやレイアウトに気を配った書面にしてみましょう。 出来上がった職務経歴書に自信がない人は、転職エージェントなどに相談をすると添削してもらうことができます。客観的なアドバイスで新たなアピールが見つかることもありますので、書いた職務経歴書を誰かに見てもらう事はおすすめです。

・「勤務先概要」で分かりやすい書類を

ひとつの企業に長く勤めたことは、それ自体がアピールポイントですが、職務経歴書の空白を埋めることがひと苦労。
そんなときは、勤務先概要を簡単にまとめて紹介しましょう。会社名や事業内容、部署名、雇用形態、職種、業務内容、勤務の際に工夫した点や気をつけていた点などを記入すると、空白も消えてさらに自己PRにもなりますね。

・自分のやりたいこと、目標を伝える

淡々とまとめられた職務経歴書は読みやすいものですが、まとまり過ぎていると印象に残りにくい職務経歴書になってしまう可能性があります。 応募先の企業ではどういった仕事に挑戦したいのか、今後の目標などについてPRをしてみましょう。

あまり長すぎると、途中で読むのをやめてしまうことがありますので、簡潔に書くよう心がけて下さい。「○○についての知識がありますので、××にも挑戦したいです」といった書き方にすると、どうして新しいことに挑戦したいと考えているのか、意欲や仕事の姿勢などもPRできますね。

・特に伝えたいことは「特記事項」としても

前職で関わった業務内容が、志望する企業と通じるものがある場合、大きくアピールしたいですよね。編年体式は全体を見渡すのに適していますが、細かい実績などのアピールが難しいというデメリットもあります。
「ぜひこれは見て欲しい」という実績がある場合は「特記事項」と別に見出しを作り、そこに具体的な成果や実績をアピールすると、目をひく職務経歴書が作成できます。

まとめ

編年体式の職務経歴書が向いている業種や、書き方のポイントについて紹介しました。職務経歴書はあなたの大切なプレゼン資料です。どうやったら見栄えのある書類ができるのか、意識をしながら作成するようにして下さい。

職務経歴書の添削に強いエージェントはコチラ!

自分の職務経歴書に自信がない人は、プロの目でチェックしてもらう事がオススメです。